薄毛の治療のために女性用育毛剤を選びましょう!

婦人

食生活に気をつける

薄毛の女性が簡単に実践できる育毛方法は、食生活に気をつけること、ツボを押すこと、ゆっくりお風呂に入ることです。食生活は、良質なたんぱく質、亜鉛、ミネラル、ビタミンEを積極的に摂取するようにしましょう。

薄毛や髪質で選ぶ

薄毛の状態や髪質は、一人ひとり違います。そして育毛剤によって効果が違うので、一人ひとりあっている育毛剤も違ってきます。女性に多いびまん性脱毛症にはエストロゲンを活性するタイプが、コシがない髪質には血行促進タイプがお勧めです。

原因や頭皮に合わせて

髪を梳かす人

配合成分や効果的な使い方

薄毛の悩みを抱えている人は、女性よりも男性に多いため、育毛剤の多くは男性向けとなっています。しかし薄毛に悩む女性も少なくはなく、そのため昨今では、女性向けの育毛剤も販売されるようになっています。なぜ性別で分けてあるのかというと、男性と女性とでは、薄毛の原因も頭皮の性質も異なっているからです。そのため女性は、女性にとって効果が出やすいように作られた育毛剤を使用する必要があるのです。具体的には、女性の薄毛の原因の多くは、エストロゲンの分泌不足にあります。これはエストロゲンが、髪が抜けることを防いだり、艶やかな状態を維持したりする働きをするからです。そのため分泌量が少なくなれば、髪は抜けやすくなったり、コシを失って切れやすくなったりするわけです。そのことから女性用の育毛剤には、エストロゲンと似た働きをする、イソフラボンなどの植物性の成分が配合されています。さらに多くの場合、頭皮にとって刺激となる可能性がある防腐剤や香料などを使用せずに、無添加で作られています。これは、女性の頭皮が男性の頭皮と比べると薄く、刺激を受けやすいからです。また、低刺激にするために、有効成分の濃度も低めにしてあります。そのため使用する際には、頭皮をしっかりと洗った上で、水気を除去する必要があります。余分なものが付着していない状態で使用すれば、その分有効成分がしっかりと浸透することから、低濃度でも効果が出やすくなるのです。また、有効成分を頭皮に押し込む要領で、軽くマッサージしながら使うことも効果的とされています。

原因を把握して対策しよう

ホルモンバランスの乱れやシャンプー時の洗いすぎが原因で薄毛になる女性が増えています。ホルモンに直接働きかける女性用の育毛剤を使用することで解決しましょう。塗布するタイミングに注意を払うとより高い効果を得られます。