よく分かる!マンション大規模修繕の基礎知識

よく分かる!マンション大規模修繕の基礎知識

マンション

大規模修繕の必要性

建物が古くなると、コンクリートは乾燥してひび割れてきます。ひび割れを起こすと見た目が悪いだけでなく、建物内部の劣化にも繋がります。また、それによって建物の耐久性が低くなってしまうため、安全に生活するためにもマンション大規模修繕を行うべきなのです。

考える人

劣化する前に修繕を行う方がお得

劣化してから修繕を行えばいいか、と考えるかもしれませんが、それは得策ではありません。劣化してから修繕を行うよりも、定期的にメンテナンスを行う方が、費用が安く済むのです。さらに、劣化した部分からタイルやコンクリートが落下する危険性がありますから、事故に繋がる前に工事をしておいたほうがいいと言えます。

工事現場

コンサルタントに相談するといい

マンション大規模修繕に関する知識を持っている人は少ないですから、コンサルタントに相談するべきです。コンサルタントに相談すれば、工事費が適切か、資産価値を高めるためにどういう修繕を行うべきか判断してくれます。

信頼できる施工業者の特徴

集合住宅

保険に加入している

マンション大規模修繕の工事の際には、予想外のことが起こることも考えられます。保険に未加入の業者の場合、何かあったときに責任を取ってくれないかもしれません。

アフターメンテナンスを行っている

修繕工事が終わったからと言って、その後の様子を聞かない業者は信頼できませんね。信頼できる業者は、アフターメンテナンスを実施していて、工事後も補修する必要がないか確認してくれます。

建築施工管理技士がいる

建築工事現場の管理を行うためには、建築施工管理技士という資格が必要です。その資格を取得している人が何人いるかによって、その業者の力量を測ることができるでしょう。

見積もりが明確

依頼者が理解・納得できるように、分かりやすい見積もりを出してくれる業者を選ぶべきです。中には細かいことを記載していない所もあるので、何にどれくらいの費用がかかるのか分かりにくいと感じるでしょう。

広告募集中